京都 佛光寺の御朱印を紹介!見どころやカフェと参拝時間や駐車場は?

京都 洛中エリアの御朱印

京都の佛光寺へ行ってきました。

この記事では佛光寺の御朱印や見どころ、参拝時間や駐車場などのレポをお届けします。

この佛光寺は境内でカフェやデザインストアを開くなど、珍しい取り組みで話題を集めている寺院なのです。

スポンサーリンク

 

京都 佛光寺の見どころ

京都 佛光寺

オフィスビルが集う烏丸エリア。
その一角に鎮座するのが佛光寺です。

手を合わせて一礼し、境内に入ります。

 
阿弥陀堂と大師堂の間にある、宮家お手植えの紅しだれ桜も見ておきたいスポットのひとつ。

京都 佛光寺 紅しだれ桜

本数は少ないですが大変美しく、春にはこの桜を求めて多数の参拝客が足を運びます。

 
手水舎はこちら。

京都 佛光寺 手水舎

水が溜まっていないため利用できないかと思いがちですが、少量の水が流れ続けているタイプのものですのでご安心ください。

 
さあ、参拝しましょう。

京都 佛光寺 大師堂

 

佛光寺の境内にあるカフェ

佛光寺の注目ポイントと言えば、前述した通り、境内にカフェとデザインストアが店を構えていることでしょう。

京都 佛光寺 カフェ入り口

この2店はどちらも「D&DEPARTMENT」というお店の系列店。

京都造形芸術大学との協業だそうで、開店に向けての作業は全て学生とともに進められたのだとか。

デザインストアは「京都セレクト」をテーマに、普段から気軽に使える日用品や書籍など、さまざまなアイテムがラインナップ。

京都 佛光寺 デザインストア入り口

 
カフェは畳敷きの和風な空間になっており、境内をのんびり眺めながらランチやスイーツを楽しむことができます。

京都 佛光寺 カフェのスイーツ

スポンサーリンク

 

京都 佛光寺の御朱印(法語印)

京都 佛光寺の御朱印は正式には「法語印(ほうごいん)」と言い、2種類存在します。

こちらは字のみの法語印。

京都 佛光寺の御朱印
料金:300円

直書きタイプで、そのときの担当者によって書く法語が変わるそうです。
法語の指定はできませんので注意しましょう。

 
そしてこちらが絵入り法語印です。

京都 佛光寺 絵入り法語印
料金:500円

書置きとなっており、3ヶ月に一度デザインが変わります。

受付の前にその時期授与されている法語印が飾られていますので、確認してからご拝受ください。

なお、佛光寺にオリジナルの御朱印帳はありませんでした。

 
お守りは取り扱っていないようですが、念珠などは確認できました。

京都 佛光寺 念珠

 

京都 佛光寺の参拝時間と駐車場

京都 佛光寺 参拝時間

京都 佛光寺の参拝時間(御朱印の受付時間)は
9:00〜15:30
平日の12:00〜13:00、及び土日祝日は字のみの法語印だけの授与となります。

また、不定期に法語印の休止期間を設けているので、公式サイトやFacebookなどで事前にチェックしておくと良いでしょう。

 
佛光寺に専用の駐車場はありませんが、周辺にはコインパーキングが充実しています。

京都 佛光寺 駐車場

最寄り駅である阪急「烏丸」駅または京都市営地下鉄「四条」駅から、徒歩で向かうのも良いですね。

ようお参りでした。