京都 水火天満宮の御朱印やお守りを紹介!見どころと参拝時間や駐車場は?

京都 洛北エリアの御朱印

京都の水火天満宮へ行ってきました。

こちらは日本最初の天満宮とも伝えられている歴史ある神社です。

この記事では水火天満宮の御朱印やお守り、ご利益や見どころ、参拝時間や駐車場などのレポをお届けします。

スポンサーリンク

 

京都 水火天満宮のご利益と見どころ

水火天満宮のご利益と見どころ

日本最初の天満宮とも謳われる水火天満宮。

近年ではしだれ桜の穴場としても人気を博しています。

ご利益は水難・火難・災禍除や学業成就なのだそう。

水火天満宮のご利益と見どころ

一礼して境内に入ります。

 
水火天満宮の見どころと言えば、やはり外せないのが前述のしだれ桜。

境内の隅々まで所狭しと枝を伸ばす華やかな姿は、一見の価値ありです。

水火天満宮 しだれ桜

 
本殿と併せて参拝する方が多いのが、境内社である「六玉稲荷大明神社」

こちらは就職祈願・人財確保のご利益があるとされ、就職活動中の学生や企業の方が多数訪れます。

水火天満宮 六玉稲荷大明神社

 
その他、ご祭神・菅原道真とゆかりのある「登天石」という石も、見ておきたいスポットのひとつ。

水火天満宮 登天石

なんでもその昔、この石の上に道真公の神霊が現れたのだとか。

登天石に祈ると「迷子が無事に戻る」とされ、古くから大事に扱われてきました。

 
手水舎はこちら。

水火天満宮 手水舎

 
さあ、参拝しましょう。

水火天満宮 本殿

 

スポンサーリンク

京都 水火天満宮の御朱印、御朱印帳

京都 水火天満宮の御朱印はこちらです。

京都 水火天満宮の御朱印
初穂料:300円

右上付近にある「日本最初の天満宮」を表す印が特徴的ですね。

なお、水火天満宮にオリジナルの御朱印帳はありませんでした。

 
また、水火天満宮は「京洛八社 集印めぐり」という、御朱印めぐりコースの1社でもあります。

京洛八社 集印めぐり 水火天満宮

こちらの御朱印をいただくには専用の色紙が必要です。

初めて申し込む場合は色紙も授与してくださいますので、社務所の方にその旨をお伝えくださいね。

 

京都 水火天満宮のお守り

水火天満宮ではお守りも多数取り扱ってらっしゃいます。

特に気になったのは以下のふたつ。

まず、梟を模したと思しきお守りです。

水火天満宮のお守り
初穂料:500円

梟は知恵の鳥でもありますので、天満宮にちなんだものでしょうか。

 
そして、こちらは「願い星守り」というもの。

水火天満宮のお守り
初穂料:500円

名前から察するに、心願成就のお守りだと思われます。

これら2種類は色柄が複数あり、デザインも可愛らしいので、普段使いにぴったりですね。

 

京都 水火天満宮の参拝時間と駐車場

京都 水火天満宮 参拝時間

京都 水火天満宮の参拝時間は24時間自由、
社務所の受付時間は不明でした。
確実に御朱印をいただきたいなら10:00〜16:00あたりの参拝が無難でしょう。
休みはないようです。

 
水火天満宮の駐車場ですが、水火天満宮専用のものはありません。

近隣にコインパーキングが複数あるためそちらを利用するか、もしくは京都市営バスで最寄りのバス停まで向かってから参拝するのが良さそうです。

京都 水火天満宮 駐車場

ようお参りでした。