流木を拾ってヤフーオークションで売ってみた!儲かるのか?

投稿者: | 2016年5月16日

流木って、田舎の川には、たくさんあります。
たまたまペットショップ行って気が付いたんだけど、流木って売られているんです。
ホームセンターでも商品として販売していました。

拾ってきた流木でも売れるのか?ヤフーオークションで試してみました。

スポンサーリンク

流木は商品である!

流木 アクアリウム

綺麗でしょ。癒されますよね。
こんなアクアリウムに流木が使われています。

ペットショップのアクアリウムコーナーで販売されています。

またちょっとしたインテリアやDIYにも使われています。
サイズによって値段が変わりますが、200円ぐらいから大きいモノだと数千円で販売されていますね。

つまり立派な商品なのです!

しかし、この流木。
オイラの住んでいるような田舎の川には、普通にあります。
落ちてます。

これが売れるなら、もしかしてオイラは、ものすごい宝の山を見つけてしまったのかもしれない・・・
仕入れゼロで、お金持ち・・・

オイラは経験王になる!

 

富豪への道その1 流木を拾って集めよう!

さっそく近くの川へ。

流木を発見するも、どんな流木がいいのかがわからない・・・

まずは試しに小さめのサイズに決めました。
とにかく河原で流木を拾い集めます。

はたから見て、あまりいい光景ではないです。笑
適当な量になったところで、撤収。

今日の収穫は、こんな感じです。

流木

いちおうタワシでゴシゴシ洗います。
そしてウッドデッキに並べて乾かします。

これまでは重労働もなく、いたってスムーズ。
拍子抜けするほど簡単。

一度うちのワンコにオシッコかけられちゃったけど、またゴシゴシよく洗いました。
またそれもご愛嬌。

もしかしてオイラは、ものすごい宝の山を見つけてしまったのかもしれない・・・

スポンサーリンク

 

富豪への道その2 流木をオークションで売ってみよう!

流木をオークションで売ってみよう

さて勝負所のオークションです。
オークションのキモは写真とスタート価格だと、個人的には思っています。

丁寧に綺麗に写真を撮り、問題は値段です。
正直、流木の相場的価格が、さっぱりわかりません。

他に流木を出品しているライバルを見て参考にするのですが、サイズや量の違いがあるのでなかなか難しい・・・

結局、今回はお試しという事で、採算度外視。
同じぐらいの長さの流木を10本ぐらいまとめて売りました。
スタート価格は500円!

まあ、最初なんで控えめです。
元手の資金はかかってないからね。

もしかしてオイラは、ものすごい宝の山を見つけてしまったのかもしれない・・・

 
5日後・・・・結局、落札されずに終了・・・
そ、そんなバカな・・・

しかし、唯一の希望の光は、ウォッチリストに2件入れられていた事です。

再出品は本数増量でスタート!
5日後・・・・結局、落札されずに終了・・・
そ、そんなバカな・・・

しかし、唯一の希望の光は、ウォッチリストに4件。

再再出品は本数そのままで、スタート価格100円でスタート!
5日後・・・・320円で落札!
そ、そんなバカな・・・

 

富豪への道その3 流木はキビシイかも・・・

今回、落札された流木ですが、落札価格320円に対して、送料がクロネコヤマトで120サイズ料金、1404円。

送料の方が高いと言う複雑な結末でした。

もちろん、送料は落札者負担なのですが、予想外の結果にオイラは憔悴・・・

これは商品価格で儲けるよりも、送料からも利益を出すようにしないと、キビシイですな。

あと大した額でもないのに、出品してから現金化までが長い。
薄利多売はこのサイクルの長さは致命的です。

 
後で発覚したのですが、マニアはこの流木を「あく抜き」するのだそう。
「あく抜き」してから売れば、また結果は変わったかもしれません。

しかしながら、1回の売買で数百円の利益では、富豪への道にはかなり険しい道のりです。泣
まず、モチベーションの維持ができません。

今回でだいたい想像がつきましたので、流木で富豪になる野望は終わりにします(爆)
 

おすすめ記事