博多豚骨ラーメン【しんたろう】の場所とお味は?レビューするよ!

投稿者: | 2016年12月20日

福岡市中央区清川にある、豚骨ラーメン屋「しんたろう」に行ってきました。
福岡、博多と言えば豚骨ラーメンですね。

豚骨ラーメン屋「しんたろう」のお店やお味をレビューするよ!

スポンサーリンク

 

博多豚骨ラーメン【しんたろう】の場所

豚骨ラーメン【しんたろう】のお店の周りは、ビジネスホテルやレジャーホテル、パチンコ屋、居酒屋などが立ち並ぶ、ちょっと大人の雰囲気漂うゾーンです。

この日は馴染みの焼鳥屋で一杯やったあとで日付はまたいでいました。
調べてみると、深夜3時まで営業している。

ん~便利!大きい通りから脇道を入ったところ、居酒屋さんの隣に「しんたろう」はありました。
赤い提灯と看板が目印。

店内に入って見ると、男性の店主と、出張中と思われる男性のお客さんがおりました。
とりあえずカウンターに着席。

辛子高菜、白ごま、紅しょうがなど、博多ラーメンで必須のトッピングも無料で置いてあります。
博多豚骨ラーメン しんたろう

また、おでんも揃っています。

博多のラーメン屋は、サイドメニューが豊富なお店が多いです。

屋台文化からくるものなのかわかりませんが、ラーメン屋でちょっと一杯という文化が根付いているようです。

 
ラーメンの麺の固さって自分の中でもあんまり決まっていないです。
いつもラーメンの麺の固さは普通だったり、かためだったり、適当・・・

そもそも、麺の固さを選ぶ文化は博多ラーメンが発祥。
細麺で伸びやすいのと、博多の人は気が短く、注文したらすぐでてくるからだそうです。

確かに博多ラーメンは出てくるのが早いです。
しかも安い。

ちなみに博多はうどんも固さが選べます。
しかも、うどんはやわめが主流。

でも、出てくるのが早いのです。
この謎はうどん屋さんに行った時に解説します。

 

博多豚骨ラーメン【しんたろう】の味は?

シンプルなメニュー表を見て、「煮玉子+ラーメン」を注文、バリカタで。
ほとんど待つこともなくラーメンが到着しました。

スープは炊き出した豚骨の香り、白濁したスープで臭みもなく、こってりとスッキリの中間くらいで、口当たりはまろやかです。
スープは麺とよく絡みスルスルッと入ってきます。
博多豚骨ラーメンしんたろうの味

煮玉子はほどよく半熟、チャーシューは味がしみて、しっかりとしています。
あっという間に麺がなくなり、替え玉バリカタで。

ちなみに半替え玉も用意されており、親切さが伺えます。

替え玉用のタレもカウンターにあります。
これも博多ラーメンの文化。

オイラ的には替え玉でそこまで味が薄くなるように思えないのですが、博多ラーメンで当たり前のようです。

麺を完食。
スープってお酒を飲んだあとだと、なかなかいつもは飲み干せないのですが、ここのスープはいけます。

こってりしているようで、スッキリしているので気がついたら飲み干していました。

ゴクゴク飲める豚骨ラーメン。
ちょうどいいスープです。

 
お会計を頼むと、店主が話しかけてきました。

話を聞くと、お店は最近オープンして1年くらいということです。
その割には老舗感のある豚骨ラーメンでしたが・・・

物腰のやわらかい店主なので、屋台のようにちょっと一杯飲むのに利用してもいいかもしれません。

周辺はこじんまりした居酒屋が多い地域なので、シメのラーメンとしてはぴったりです。
自宅からも近いのでちょくちょく通いそうです。
 

おすすめ記事