「靴型カメラ」販売で逮捕。盗撮ほう助の疑い!

投稿者: | 2014年7月1日

「靴型カメラ」販売で逮捕。盗撮ほう助の疑い!

こんな商売があったとは知りませんでした。

隠しカメラ販売会社の経営者が、迷惑行為防止条例違反(盗撮)ほう助の疑いで、逮捕されました。
これは全国初だそうです。

靴型カメラは靴の甲に小型カメラが仕込まれ、リモコンで操作できるらしいです。
そして、内臓したカメラが発見できにくい構造になっているそう。

こんなものは盗撮に使われるに決まっていますよね。
当然の逮捕です。

しかし、驚くのは1足2万数千円する靴型カメラがすでに約2500足売れていることです。

少なくともそれだけ、買って盗撮に利用しているという事。
(こんなもの盗撮以外に使用法はない!)

 

目の付け所は良いですが・・・

この「靴型カメラ」は2012年以降、数千万円売り上げています。

売れるから作るし、売れるという事は需要があるって事です。
恐ろしい世の中ですな・・・・

ニッチな分野?でほぼ独占状態だったのではないでしょうか。
マーケティング的にも、目の付け所は素晴らしいのですが、いかんせん商品が・・・

正々堂々、まっとうな商売で稼ぎましょう!

儲かったとしても、こんなビジネス絶対に楽しくないですからね。

 
この約2500足の購入者も、この会社に顧客リストがあるはずだから、これから一毛打尽できるはずです。
購入者は夜も眠れない事だろう・・・

でも現行犯じゃないから、逮捕はされないのかな?