京都花ホテルに泊まってみた!宿泊体験評価の詳細レビュー

投稿者: | 2016年10月7日

京都花ホテルに泊まって来たぞ!
仕事だけど・・・

京都花ホテルの徹底詳細レビューします。
客室、朝食、サービス、良い所、悪い所、実際に泊まってみなきゃわからない詳細なレビューです。

スポンサーリンク

京都花ホテルの客室は、こんな感じ

京都花ホテルの客室はいたってシンプルですが、ちょっと普通のビジネスホテルの感覚とは違います。
チョイおしゃれなビジネスホテルですな。

ビジネスホテルとは言えないような洒落た部屋がいくつもあります。
もしかしてビジネスではなく、観光ホテルのコンセプトかもしれません。

しかし、オイラが泊ったのは普通のシンプルなお部屋ですが・・・

京都花ホテルの客室
カードキーで部屋に入ると、まず空気清浄機があるのがグッドです。

けっこう朝起きてノドが痛くなっちゃうホテルってあるんですよね。
その心配がありません。

そして消臭スプレー

デスクの上には、ドライヤーがあります。
小さな定番のお湯沸かしヒーターがあります。
それ使って飲むお茶も。
パックのヤツね。4種類ほど入ってました。

デスクの下には小型の冷蔵庫です。
そしてうれしい小型の金庫・・・これあると安心します。

京都花ホテルの客室

ベッド幅は広く感じました。
オイラの好きなチョイ固めでグッドです。

枕元にもコンセントがあって何かと便利です。

ただ、寝ている状態で部屋の照明が消せません。
スイッチが手が届かない位置にあるので、起き上がってやらないとダメです。

京都花ホテルの客室

 
バスルームは平均的サイズのユニットバスです。
ほとんどのホテルのユニットバスが白なのに対し、ここ京都花ホテルのバスルームは一部に黒が入っていてアクセントになっています。
それだけでなんか高級感があります。

 
ウォッシュレットのトイレは、流してもとても静かです。
流すとかなりの大きな音がするホテルもあって、夜行性のオイラはあの音に気を使ってしまうのです。
夜中に流すたび、絶対となりは、うるさく思ってるんだろうなって・・・

京都花ホテルのバスルーム

アメニティもしっかりあります。
しかも6種類!

貧乏性のオイラは、こういう時は必ず全部使います^^

京都花ホテルのアメニティ

スポンサーリンク

 

京都花ホテルの食事

京都プラザホテルの朝食は、バイキング形式です。
比較的軽いものが並びますが、朝食込の値段ですからこんなもんでしょう。
京都花ホテルの朝食

この日は、ベーコン、コーンスープ、サラダはキャベツ、レタス、コーン、ニンジン、海藻でした。

京都花ホテルの朝食

そしてパン。
食パンぽいのとフランスパン。
ココで焼くこともできます。

京都花ホテルの朝食

オムレツにヨーグルト、フルーツポンチ、塩むすび、のり。

あとは、ドリンクマシーンでコーヒー、カフェオレ、エスプレッソなど数種類。
オレンジジュースとアップルジュースでした。

 
ココでのポイントは、塩むすびです。
観光客なら、コレ持ってけば小腹がすいたときに重宝するはずです。

ちなみにオイラの食事中、外人さんがやって来て、ペットボトルにウォーターサーバーの水を入れていました。
観光客は助かります。

テイクアウト禁止の表示はありませんでした^^

 

京都花ホテルの周辺やその他

京都花ホテルの周辺

この京都花ホテル、京阪三条駅から歩いてすぐです。
ホテルから歩いて繁華街に行けますし、ホテルの隣がコンビニですから最高です。

歩いて鴨川を渡り、繁華街へ・・・
先斗町が一番近いかな。
新京極の商店街も錦市場、もちろん祇園も歩いて行ける距離です。

京都観光の拠点には、すごく便利です!

 
ちなみに宿泊日のチェックイン前の荷物預けも出来ます。

従業員さんも皆さん、笑顔で礼儀正しくて、接客が良かったです。

おすすめのお店(夕飯)を聞いた時に、対応してくれたのは、新人さんのようでしたが、慣れないながらも一生懸命さが伝わりました。
結局、そこなんですよね。
接客って・・・

京都花ホテルは、また泊まりたいと思えるホテルでした。
 

おすすめ記事